雑誌掲載コラム<実際に住んでみて>

長期レポート
実際に住んでみて    我が家・歳時記

日本人なら誰でも望んでいる春・夏・秋・冬の移ろいを感じなから生活したい。これかが我が家のコンセフトであった。うな ぎの寝床の敷地で、このことを実現して6年目。それだけに楽しみも、失敗もあった家づくりである。

早いもので、我が家も6度目の冬を迎えようとしています。

ここ関東でも北の方は、夏は暑く冬は寒い京都のような気候。
そして、ここ我か家の敷地は、間口が狭く南北に細長い町屋風。おまけに南には交通量の多い県道が、西には市道が取り付き西日が差し込むという環境。こんな条件のもとで、自宅をつくる。 「さぁ、プランニングに腕がなるぞ!」と 、いざ勢い込んではみたものの、家族の好みや考えが必要以上にわかっているために、それらを形にしていく作業が整理しきれなくなったり、  やっと決めたことなのに、本当にこれでいいのかと迷った挙げ句変えてしまったり。けっこうプレッシャーがありました。こうして試行籍誤をくり返しながらつくり上げた、我が家のささやかな四季折々をご紹介します。
中庭のおかげで十分に日がはいる。

うなぎの寝床に春は来ぬ
我が家の春です。東西南北をそれぞれパルコニー、道を隔てるガラスプブロックの塀、食堂、和室の縁側で囲まれた中庭は、のどかな陽だまりになります。

うなぎの寝床の我か家なのに、どの部屋にもたっぶりと光が入るのは、この中庭のおかげ。冬至でも和室の縁側まで陽の光が届くよう、中庭の南北の長さと南側の建物の高さを計算した努力のたまものです。

また、この中庭は部屋との段差を少なくして昇降しやすいように設計したので、庭というより一つの部屋という感覚で多目的に活躍してくれます。はじめは投差が少ないと虫や土埃が入いりやすいのでは、という心配がありましたが、庭に玉石埋込のコンクリート平板を敷いたので、まったく問題はありませんでした.妻は時々私の目を盗んでは、スリッパのまま庭に降りて洗濯ものを干したりしているようです。

中庭から梯子で上れるバルコニーは、公園の遊具を思わせる楽しいものになりました。子供ができたら格好の遊び場になることうけあいですが、今はもっぱら布団干し場として活用されています。

春の訪れとともに、日曜大工の工房になったりガーデンパーティ会場になったり、恋猫たちの溜り場になったり、何かと忙しくなる我が家の中庭です。

中庭は多目的な部屋として家族皆で自由に使っている。

涼風渡る、夏座敷
我が家の夏です。居間、食堂、中庭、和室を一直線に通り抜ける風が、何とも心地良い涼を演出してくれます。この風通しで思いがけず巧を奏したのが、居間と食堂の間の壁につけた小窓。一台の電話機を居間からも食堂からも使えるようにと何気なく開けたのですが、この窓のおかげで風通しがグンと良くなりました。

もうひとつ、我が家の涼に一役買っているのが、台所、食堂、2階の寝室と家事室に設けてあるハイサイドライト。夜も開け放しておけるし、狭い部屋でも光が差し込み、広く見えるという利点があります。

ただ、このハイサイドライトにも問題が。まず、開閉が大変なこと。手元までオペレーターをつくりハンドルで開閉できるようにすればよかったのですが、なにせ予算がなかったもので、3mもの高さにある内倒し窓を長い竿のようなものでひとつひとつ開閉しているのが現実です。

もうひとつは、窓拭き掃除か大変なこと。内側部分は、テーブルの上に椅子を置いてクローゼット部分によじのぼり、何とか拭くことができるのですが、問題は外側。開口部が狭いのでうまく手が届きません。まあ、外側は雨が洗い流してくれるさと、都合のいい理由をつけて敬遠し続けていますが。

居間、食堂間の小窓(カウウター上)。

秋の芸術祭とペンキ塗り大会
我が家の秋です。 秋といえば、やっぱり芸術。 我が家の廊下はちょっとしたギャラリーのようになっています。高価な絵画などではなく、季節に合った絵はがきや雑誌の切り抜きなどをフレーミングして飾っても、小窓から差し込むやわらかい光がフレームや白壁に落ちて、いい雰囲気をかもしだします。「この空間、なかなか洒落てるじゃん」とひとり悦に入っています。
 
この廊下をはじめ、我が家の内壁はすべてプラスターボードに白のペンキ仕上げなので、汚れが日立つ反面、汚れたらローラーで手軽に塗り替えられるのが取り柄です。とくに、カラリと晴れた秋の日は、絶好のペンキ塗り日和。父、妻私の絶妙なチームプレーで、気になる部分をせっせと塗り替えます。

実は以前、我が家でちょっとしたボヤ騒ぎがありました。掲げ物中に油に火がついて、台所は黒煙が充満。幸い大事にはいたらず、焦げたレンジフードを交換し、ススだらけの璧を塗り替えただけですみました。おかげで、台所だけ新築のように生まれ変わってしまいました。

それにしても、ペンキを塗り終えた後に飲むビールは格別。と、やはり食欲に落ち着いてしまう我が家の秋でした。

廊下(ギャラリー)

冬の我が家は、お天気屋
我が家の冬です。あらゆるところにトップライト、ハイサイドライトを設けた我が家は、晴れた日は家じゅうサンルームのようになります。とくに洗面所から浴室にかけてとった広いトップライトからは、燦々と光が降り注ぎ、寝ぼけまなこには眩しすぎるくらい。父の趣味は、もっぱら散妙の後の朝風呂です。

また、このトプライトのおかげで浴室はいつもカラッと乾燥しているので、カビの心配もありません。長いツッパリ棒をつけて、物干し場にしているのですが、曇った日には外に干すよりも乾きが早いようです。

天気のいい日は温室の我が家ですが、曇天の日や夜間はそうはいきません.天井が高いうえ、和室と水阿り以外の床はすべてフローリングなので、かなり冷え込みます。とくに寝室の天井は高く、エアコンも入ってないので、その寒さは格別。今年の冬こそエアコンを入れてくれるんでしょうね、と、再三妻に念を押されているので、雲行きが悪くならないうちに手を打ったほうが得策と、近々購入の予定です。

浴室トップライト
浴室

春夏秋冬、いつまでも暮らし進行形
いざ家をつくるとなると、あれもこれもと、欲張ってしまいがちですが実際に生活を重ねてみないと、本当に必要な部分というのはなかなか見えてこないものです。

この家は、はじめからできるだけシンプルにつくり、本当にジャストフィットするもの、本当に必要な機能だけを、生活しながら少しずつ揃えてきました。コンパクトな食堂に合うサイズのダイニングテーブルがなかなか見つからなかったので自分でつくつたり、父のために玄関と階段に手摺を付けたり、クローゼットには、持っている服に合わせてハンガーパイプを取り付けたりと、楽しみながら手を加えています。おかげで無駄もなく、ますます愛着のわいてくる我か家になっていると思います。

晴れたら光を満喫し、風が吹いたら風を感じ、雨が降ったら雨を楽しむ。そんな日本ならではの四季を身近に感じながら、自分にちょうど良い暮らしを、この家でつくつていけたら------我か家の住まいづくりは、まだまだ進行中です。

うなぎの寝床だが光も風もいっぱいになった。