新聞掲載コラム<浴びる>
   燦々とふりそそぐ陽の光を存分に浴びて暮らす−−−誰もがすまいに対して望む条件ですね。でも、これがなかなかむずかしい。敷地の条件は様々で、隣の家の陰になるとか、南に窓がとれないとか。で、明るいすまいに対する希望には、すっかり暗雲がたれこめてしまう。実は我が家も御他聞にもれず、日当り最悪の敷地でした。でも、今では日差しをシャワーのように浴びてくらす毎日です。そんな我が家の、明るいすまい設計を簡単にご紹介しましょう。
   我が家の敷地は間口が狭く南北に長い町屋風で、西側には交通量の多い市道が取り付いています。そこで、このうなぎの寝床にどう光を入れるか、というところからプランニングはスタートしました。まず、敷地の真中に中庭を設け、これにより各室に光と風を取り入れることを可能にしました。中庭を中心に南に居間、続いて食堂、キッチン、中庭をはさんで和室というプランの完成です。居間にはもちろん南側に大きな窓を設け、次の間であるキッチン、食堂にはハイサイドライトからの光をとり入れました。窓がまったくとれない洗面所、浴室は、天井の半分をトップライトにし、サンルームさながらの空間に変身です。また、中庭は道路側を全面ガラスブロックの塀にしたため、プライベートを守りながらも明るく開放的なスペースに。お陰で北側の和室にも南と西からの光がたっぷり入るようになりました。
   さて、以上はほんの一例にですが、敷地条件に負けない明るいすまいづくりは工夫次第でいくらでも可能です。だからあきらめは禁物。空に太陽がある限り、私たちはその恩恵をめいっぱい浴びて暮らす権利があるのですから。