新聞掲載コラム<窓>
   自然の光が存分に差し込み、自然の風がゆったり通う大きな窓------回りをコンクリートやアスファルトで囲まれ、騒音や排気ガスに悩まされる都会では、こんな窓を手に入れることが難しくなってきました。プライベートを守り公害問題をクリアしながら、いかに上手に光や風を取り入れるか。都市型住宅における「窓」は、われわれ建築家にとってむずかしい課題のひとつになつています。
  トップライトや中庭を設けて垂直方向からの光を取り入れたり、ハイサイドライトというように高い位置に窓を設けたり、壁面をガラスブロックにしたりと、苦肉の策を講じるわけですが、とかく閉鎖的な方法をとらざるを得ないのが現状です。
 でも、本来窓は外からの光や風を内部にもたらすためだけではなく、内部の生活の雰囲気を外に伝える重要なファクターでもあると思うのです.ドイツなどでは、窓辺の演出が美しい町並みを作り出し、街ゆく人たちにその碁らしぶりをかいまみせているそうです。
 窓を飾るカーテンや花々がそこに住む人の趣味や人柄を感じさせてくれたり、窓から もれる明かりが、街ゆく人に安堵感を与えてくれたりする。そう考えると、窓は家そのものの饒舌な語り手でもあるわけです。
 何かとプライベートを重視し、隣は何をする人ぞ”的な都市生活において、大きな窓を設け自分のライフスタイルを見せるというのも潔いのではないでしょうか。